タイトル

ひね日記

約12年のニューヨーク生活から一転、2009年2月、初めての土地、北海道余市町にて、手当たり次第、吸収型生活開始。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Twitter
ひねイラ
RECOMMEND
ぽぽぽぽぽ
ぽぽぽぽぽ (JUGEMレビュー »)
五味 太郎
単純な音の繰り返し。これが、思わず赤子心を刺激して、マネしてしまうらしい。ぱや、ばという、口を閉じてから発する音が、赤子言葉の初期段階らしく、そんな言葉のオンパレード。

二才直前なのに、一歳児レベルの言語力と診断されてる息子も、楽しそうに1人広げて読んでます。所々出て来る動物などで、かってに話を膨らますのも可。だから長期に渡って楽しめる本かも。4才直前の娘も今だに好きな本。五味さんの絵は、不思議と飽きさせません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
グランジとジージ
昨日18日の16時10分に義父が亡くなった。
74歳だった。
北星学園余市高校で名物柔道先生だった人。
「ヤンキー母校に帰る」は観てないのだけど、蟹江敬三さんが義父の役をやっていたらしい。

とにかく、おもろいエピソード満載の独特な人。
彼の存在の御陰で今、私のやりたい事、つなげたい事が型ちとして出来る場が在る事実。
ニューヨークから日本に4年前に戻り、この余市に住み始めて、子供達が爺ちゃんと接する時間が有った事に、普通の生活の中に爺ちゃんが居た事に、とても良かったなと。町であの独特な人が真っ赤な服を着て遭遇。デッカい声で「ヨーコさん!コンニチワ!!」と言われてドキっとする事ももう無いのか。

ニューヨークに2005年の年末から2006年の年初めにかけて2週間ほど遊びに来た事があった。
その時も、ワンサカ、まさか!なエビソードを残して楽しませてくれたのだけど、
その中でも好きなエピソードを掲載します。当時のMIXI日記から。

グランジか〜   2006年01月11日12:31

ジージ、バーバが滞在していた2週間は、あっちゅー間に過ぎ去り、 
以前と変わらぬ日常に戻った訳だけど、 
ちらり、ちらりと、二週間の内に起こった出来事が目の裏に霞んで、 

台所で「フフッ」、スーパーで「フフッ」、道ばたで「フフッ」、トイレで「フフッ」。 

鼻の穴を広げてる。って、何か鼻に詰まった訳じゃないよ。こみ上げる笑いを押し殺して「フフッ」。 

その昔、 
住む所が半地下で、日が射さなかろうが、 
髪に歯磨き粉付けて、インスタントへアーマニキュワの代わりししようーが、裏地がビリビリに破れたコート着て、しかも、ガムテで補ってよーが、トマトとワインの汁で染まったTシャツで歩いてよーが、右と左の靴が違おーが、すり切れて足が出てよーが、 

どうでもいい。というか、それこそがスタイルだった。 
そんな甘酸っぱい季節を、私も過ごした事が有った。 

いや、今でも、そんなスタイルを愛する部分が有り、維持してるつもりな所が有った。うん、有ったんだ。私。 

でもね、やられたよ。ジージに。 

カウントダウンの時に被る、プラスチックの金のシルクハット型帽子が、道路脇に年明け、落ちてた。 
「日本に降り立つ時、空港であれ被ってたら、ニューヨークで年を越しました。というのが見せれていいんじゃないかな〜」 
とジージ。 
その場の全員が無言で、ひいた。 

しかも彼が言ってるのは、あの帽子を買って、って話じゃもちろん無くて、落ちてへこんでる、あの目の前に有るプラスチックのペラペラな帽子の事を言ってる訳で。その帽子は、あからさまに、汚い風貌をしていて、誰もが、子供でさえも、触ろうとしていない品なのだ。 

目にしながら、「お、まだ有る」と言いながら。でも、二日は何も無く過ぎた。でも、三日目、出先で雨が降り出した為、「こりゃ丁度いい」とジージ、とうとう拾って、着けた。 

この時、私は密かに「負けた」と思った。 
私も後一ヶ月ちょいで30女。 
ちょいと、「ミギレイなカンジ」ってのが、自分に必要だと、年相応だとか、世間体なんかが、言わせてたんだなと。 

負けたと思った。 
でも、これも、思い出すと「フフッ」と鼻が膨らむ。

JUGEMテーマ:日記・一般
スポンサーサイト
- | 12:49 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hineny.jugem.jp/trackback/1287