タイトル

ひね日記

約12年のニューヨーク生活から一転、2009年2月、初めての土地、北海道余市町にて、手当たり次第、吸収型生活開始。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Twitter
ひねイラ
RECOMMEND
ぽぽぽぽぽ
ぽぽぽぽぽ (JUGEMレビュー »)
五味 太郎
単純な音の繰り返し。これが、思わず赤子心を刺激して、マネしてしまうらしい。ぱや、ばという、口を閉じてから発する音が、赤子言葉の初期段階らしく、そんな言葉のオンパレード。

二才直前なのに、一歳児レベルの言語力と診断されてる息子も、楽しそうに1人広げて読んでます。所々出て来る動物などで、かってに話を膨らますのも可。だから長期に渡って楽しめる本かも。4才直前の娘も今だに好きな本。五味さんの絵は、不思議と飽きさせません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
サン・ジミニャーノの白ワイン
先日、元イタリアンのシェフで、現在イタリアンのワイフであるマイミクみこさんが持参してくれた白ワイン。彼女が訪れたサン・ジミニャーノというイタリアの真ん中くらいに位置する小さな街のワイン。これが、何て言うんだろう、ドライ&クリスピーと言ったらいいのか。彼女がこの街は白ワインが有名と言うだけに、本当に美味しいワインだった。

足使って得た知識を披露してくれると、ワインの味を伝えてくれて、プラス、街のムードまで伝わるから、ワイン屋で、モンモン何買おうか悩むより、色彩豊かな想像膨らむ。

ワインがどうこう、つまみがどうの、街並がどうの、そんな話とはうって変わって、本日、肌寒くなってきたので、M&M親子と公園で遊んだ後、自家製チャーハン持って、マクドナルドのインドアプレイグラウンドへ。ポテトのスモールサイズを申し訳程度に注文して、後は、チャーハン。やな客。飲み物さえ、持参だし。

将来、子達とサン・ジミニャーノに旅に出ても、マックに入りたがる子にし無いための戦略なの、とか言ってみる。でも、日本のマックでアメリカ人観光客山程見かけるもんな、切実な問題だったりする。
ギンコパワー
昨日は、日記で、肝臓の為に肝臓食ってるとか、胃の為に胃を食ってるとか、ババ臭い事書いて、頭良くなりたいから脳みそ食おうかな〜と、羊の脳みそ購入計画で、話は終わったんだけど、今日は、脳みそ食わんでも、頭が良くなるって噂の、銀杏を大量に拾って来た。うーん臭い。

近所の公園に一本、実のなるイチョウの木が有るので、毎年、採ろうと言っては、話で終わってしまってた。マンハッタンのイチョウの木の下は、毎年実のなる季節になると、チャイニーズと日本人が、我先にと、中腰で争奪バトル。

ここ、近所のバンコートランド公園では、誰も拾う人が居ないのか、たわわになって落ちた実を採りたい放題。一本の木から、なんつー量の実がなるんやと、呆れるやら。臭いから、リスも近寄りたがらない様子。食われる心配も無いのに、後から後から実を落として、それで、新たにイチョウの木が周囲に生えて来てる様子も無い。なんつー非生産的な作業をこいつはやっとるんや。

この、吐物臭に限りなく近い悪臭を放つ、銀杏。恐竜が居た時代から生存する、生きた化石と呼ばれる程の、しぶとい生物らしい。ビニール袋の底が抜ける直前まで、実で袋一杯にして、家に帰って実をはがす作業と、天日にさらす。部屋中とんでもねー臭い。人間の歴史の何倍も生きてた生物の、身を守り続けた臭い。

臭いです。でも、酒のつまみにさせて頂きます。ヨロシク。

子供には、五歳まで食わせちゃいかんらしい。中毒死の危険有り。頭が良くなるとか、記憶力が強くなるとか、中毒死だとか、さすがは長老、怪し食物だ。
ギンコパワー
昨日は、日記で、肝臓の為に肝臓食ってるとか、胃の為に胃を食ってるとか、ババ臭い事書いて、頭良くなりたいから脳みそ食おうかな〜と、羊の脳みそ購入計画で、話は終わったんだけど、今日は、脳みそ食わんでも、頭が良くなるって噂の、銀杏を大量に拾って来た。うーん臭い。

近所の公園に一本、実のなるイチョウの木が有るので、毎年、採ろうと言っては、話で終わってしまってた。マンハッタンのイチョウの木の下は、毎年実のなる季節になると、チャイニーズと日本人が、我先にと、中腰で争奪バトル。

ここ、近所のバンコートランド公園では、誰も拾う人が居ないのか、たわわになって落ちた実を採りたい放題。一本の木から、なんつー量の実がなるんやと、呆れるやら。臭いから、リスも近寄りたがらない様子。食われる心配も無いのに、後から後から実を落として、それで、新たにイチョウの木が周囲に生えて来てる様子も無い。なんつー非生産的な作業をこいつはやっとるんや。

この、吐物臭に限りなく近い悪臭を放つ、銀杏。恐竜が居た時代から生存する、生きた化石と呼ばれる程の、しぶとい生物らしい。ビニール袋の底が抜ける直前まで、実で袋一杯にして、家に帰って実をはがす作業と、天日にさらす。部屋中とんでもねー臭い。人間の歴史の何倍も生きてた生物の、身を守り続けた臭い。

臭いです。でも、酒のつまみにさせて頂きます。ヨロシク。

子供には、五歳まで食わせちゃいかんらしい。中毒死の危険有り。頭が良くなるとか、記憶力が強くなるとか、中毒死だとか、さすがは長老、怪し食物だ。