タイトル

ひね日記

約12年のニューヨーク生活から一転、2009年2月、初めての土地、北海道余市町にて、手当たり次第、吸収型生活開始。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Twitter
ひねイラ
RECOMMEND
ぽぽぽぽぽ
ぽぽぽぽぽ (JUGEMレビュー »)
五味 太郎
単純な音の繰り返し。これが、思わず赤子心を刺激して、マネしてしまうらしい。ぱや、ばという、口を閉じてから発する音が、赤子言葉の初期段階らしく、そんな言葉のオンパレード。

二才直前なのに、一歳児レベルの言語力と診断されてる息子も、楽しそうに1人広げて読んでます。所々出て来る動物などで、かってに話を膨らますのも可。だから長期に渡って楽しめる本かも。4才直前の娘も今だに好きな本。五味さんの絵は、不思議と飽きさせません。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
グランジとジージ
昨日18日の16時10分に義父が亡くなった。
74歳だった。
北星学園余市高校で名物柔道先生だった人。
「ヤンキー母校に帰る」は観てないのだけど、蟹江敬三さんが義父の役をやっていたらしい。

とにかく、おもろいエピソード満載の独特な人。
彼の存在の御陰で今、私のやりたい事、つなげたい事が型ちとして出来る場が在る事実。
ニューヨークから日本に4年前に戻り、この余市に住み始めて、子供達が爺ちゃんと接する時間が有った事に、普通の生活の中に爺ちゃんが居た事に、とても良かったなと。町であの独特な人が真っ赤な服を着て遭遇。デッカい声で「ヨーコさん!コンニチワ!!」と言われてドキっとする事ももう無いのか。

ニューヨークに2005年の年末から2006年の年初めにかけて2週間ほど遊びに来た事があった。
その時も、ワンサカ、まさか!なエビソードを残して楽しませてくれたのだけど、
その中でも好きなエピソードを掲載します。当時のMIXI日記から。

グランジか〜   2006年01月11日12:31

ジージ、バーバが滞在していた2週間は、あっちゅー間に過ぎ去り、 
以前と変わらぬ日常に戻った訳だけど、 
ちらり、ちらりと、二週間の内に起こった出来事が目の裏に霞んで、 

台所で「フフッ」、スーパーで「フフッ」、道ばたで「フフッ」、トイレで「フフッ」。 

鼻の穴を広げてる。って、何か鼻に詰まった訳じゃないよ。こみ上げる笑いを押し殺して「フフッ」。 

その昔、 
住む所が半地下で、日が射さなかろうが、 
髪に歯磨き粉付けて、インスタントへアーマニキュワの代わりししようーが、裏地がビリビリに破れたコート着て、しかも、ガムテで補ってよーが、トマトとワインの汁で染まったTシャツで歩いてよーが、右と左の靴が違おーが、すり切れて足が出てよーが、 

どうでもいい。というか、それこそがスタイルだった。 
そんな甘酸っぱい季節を、私も過ごした事が有った。 

いや、今でも、そんなスタイルを愛する部分が有り、維持してるつもりな所が有った。うん、有ったんだ。私。 

でもね、やられたよ。ジージに。 

カウントダウンの時に被る、プラスチックの金のシルクハット型帽子が、道路脇に年明け、落ちてた。 
「日本に降り立つ時、空港であれ被ってたら、ニューヨークで年を越しました。というのが見せれていいんじゃないかな〜」 
とジージ。 
その場の全員が無言で、ひいた。 

しかも彼が言ってるのは、あの帽子を買って、って話じゃもちろん無くて、落ちてへこんでる、あの目の前に有るプラスチックのペラペラな帽子の事を言ってる訳で。その帽子は、あからさまに、汚い風貌をしていて、誰もが、子供でさえも、触ろうとしていない品なのだ。 

目にしながら、「お、まだ有る」と言いながら。でも、二日は何も無く過ぎた。でも、三日目、出先で雨が降り出した為、「こりゃ丁度いい」とジージ、とうとう拾って、着けた。 

この時、私は密かに「負けた」と思った。 
私も後一ヶ月ちょいで30女。 
ちょいと、「ミギレイなカンジ」ってのが、自分に必要だと、年相応だとか、世間体なんかが、言わせてたんだなと。 

負けたと思った。 
でも、これも、思い出すと「フフッ」と鼻が膨らむ。

JUGEMテーマ:日記・一般
パエリアに醤油

何故か、パエリアのはずが、テーブルの中心には醤油のボトルが。そんな混じり合い具合でいいじゃないと、そんな久々の更新。

パエリアは、出汁に海鮮だしの素を少々使ったら、よくよく見ると「海鮮醤油だし」と書いてあって、だったら味が薄いなと感じた人は醤油かけちゃえと、ドドンとボトルを置いた。

いつものそんな感じを、人の子供達にも提供しはじめた時点で、おばはん度はマックスに到達したと言ってもいいかも。

何かとバタバタしていてブログがほっぽり出し状態になってます。色々な人達と関わって、色々な体験をしてる。特に小学生や、中学生の子供達との関わりは、タイムマシーンに乗ったみたいに、鮮明に自分の過去が思い出されて、おもしろいけど、かなり濃い。

中学生なりたての時、帰国子女の親友と、部屋で貰いたての学生証の校則部分を開いて、「分け分んない」と1つ1つに文句付けてた事とか、連絡事項をちゃんと聞いて無くて、試合に行かずに部室に行っちゃったバスケ部時代とか、忘れ物多過ぎて自分でも自分が嫌になった事とか、周りには、突然泣き出す子、怒り出す子、、、。

今一度、二度、見つめ直してる、そんな所。JUGEMテーマ:日記・一般
早春のイベントチラシ
前回のブログのチラシ内容。昨日参加して来た。
札幌の学習会とはちょっと違った、人と人をとても近くに感じられる集まりで、場所がいいんだなとそう感じた。とっても考えさせられる会でもあった。しかもめちゃめちゃ楽しい会でもあった。
 
また又チラシ製作担当しました。
当日、私もお手伝いする予定。



閉じこもってないかい。
 

NYから余市に来て2月で4年になる。

はじめは妊婦であったり、乳児の育児であったり、家庭の外との関わりを新しい土地で深めるには、難しい状況だった。やっと最近、町で少しは自分の居場所が出来て来たんじゃないかと、この町を地元と呼んでもいいのかなと、自分に許せる気がして来たけど、どうだろう。いいかな。

倶知安を、クッチャンと呼ぶのがナレナレしい様で照れくさかったけど、最近は平気になってきたぞ。相変わらず、あまり行かない土地だと言うのもあるけど、発寒は、ハッサムと呼ぶと、インド人が頭に浮かぶけど、これは一生つきまとう問題かもしれない。

思えば、ニューヨークで、もともとイーストヴェレッジに住んでたけど、長女を妊娠した事をきっかけに、半地下の環境はよろしく無いねとブロンクスの西側に引っ越した時も、住んでる土地と密接な関わりができて来たのは2、3年してからだった。

2、3年て過ぎてしまえば簡単に言える年月だけど、長いよな。それくらいの期間、人と新しい関係を見つけるきっかけが乏しいと言う母親は少なく無いという事じゃないかな。もうちとどうにかならんかな、できんかなと、そんな事を思う今日この頃。

ここしばらくの事




自家製かまくら呑み。北星の本間Tと。パプア話やら色々おもろ。



ボード三昧な年明け。


産まれてはじめての生ハムを豚の足から直接はつった。感動!これしてみたかったの。今度は自分達で作りたい。余市教育福祉村新年会にて。JUGEMテーマ:日記・一般
2013年の幕開け
学校をわざと遅刻して、ガランとした道のりを登校すると、気持ちが良かった。優越感とか、悪ぶってる感じがとかじゃなくて、ただただ清々しかった。いつもより沢山風景を眺めて、いつもより沢山道沿いに住む人も観察して、猫も時々表れた。

NYのホリデイシーズンは家族が出来るまではひたすらに寂しいムード。いつものカフェに人がまばら、もしくわ、観光客ばかり。観光客も家族が多くて、店にやってくる時も去る時もゴッソリ。いつも単独で好き勝手してる人ばかりで、それが活気の街のムードとは一変。

でも、それも嫌いじゃなかった。同じ街にいつもと違う空気。いつもと違う面子。そしてそこに1人。清々しい。

2013年1月1日の仁木スキー場はガラガラだった。ご近所ローカルスキー場独り占め気分。最高。思わず2日続けて仁木スキー場詣で。2日はさすがに人がそれなりに。

あけましておめでとうございます。
2012年は色々と新たにはじめた事が多く、いつも頭の中の整理が出来てない状態だったけど、多分、今年もそうなんだろう。いっそ潔く、そんな前途をお祝いしよう。

さあ、2013年、いい感じの年になればいいよね。皆様方。



JUGEMテーマ:日記・一般
前浜亭でうどん

地元の食品加工会社の直営店。横目でちらちら店構えを見ちゃいたけど、初めて扉を開けてみた。親類と一緒に入ってそれでいっぱいな店内。うどんを待ってる間、中学生がおやつにするらしい揚げカマを買いに来た感じが、サラリーマンが屋台のおでんを頼む様にこなれてていい。車のバックよりカッコいいぞ、うん。

大きな揚げカマがどっかりの乗ったうどん。しかもその揚げカマが旨い。250円也。又、行こう。


我が子のいとこ三人組。我が家も3人。ここも三人。一緒に居ると、軽い気持ちで飯屋に入れない。しかも北海道で半袖になる様な熱いタイプの子供達。夕方6時の時報は彼の全裸。男童子は分けが分らん。体の中で自立した魂が、燃えたぎる炎がけしかけるから、低過ぎるリンボーダンスを踊ってる。そんな感じ。なんだそれ。

 
今日は朝から末っ子の幼稚園のクリスマス会。うどん会はそれの打ち上げ。自分の子も人の子も、果てには客席のもっとチビッコな子供達まで、起るハプニング、リアクションが突拍子無く、おもしろ過ぎて腹が痛い。

楽しませてもらいました。JUGEMテーマ:日記・一般
もしかしたら今年最後の晴天で暖かい週末
 長いタイトルです。

JUGEMテーマ:日記・一般


余市の円山公園は、松の木と栗の木が立派で、神々しい程綺麗な外観と、子供達がいつまでも遊び回れる自由さと、トイレや休憩室等の便利さまである優れもの。

その場所で余市の青年会議所主催で子ども達へのイベントが昨日あった。宝探しと、自然観察のフィールドワークを混ぜ合わせた、子ども達の関心を保たせる為にしっかり考えられた企画だった。天気も良かったし最高。

ボランティアのスタッフとして、知らない子ども達と活動を一緒にして、秋の自然を満喫した。


60人定員の所に150人集まって、体制を整えて全部受け入れにしたと言うこの企画。キャッチも内容も子ども達の心をちゃんと掴んでいたみたい。


ヒール役を演じ切ったジャック スパロウこと、福原豆腐店のリョウタロウ君の出陣する背中。これで本職の車運転してくれないかな。



子ども達は6人前後のグループに分けて行動。宝物箱を見つけて戦利品を持って戻る様子。何時間も山を登ったり降りたり。ヘトヘトだけど、満足気。
冬の入り口に来た
 

双子のタンポポ見つけてから二週間。2日前にストーブの点火式(ストーブのスイッチを入れた事)を済ませ、自転車の時はしっかりジャケットの袖を手の甲に覆わないと、かじかんでしばらく手が動かない、そんな冬の入り口を迎えた感じ。この辺から勢いよく真冬に突入していくんだよな。雪が降ってボードで楽しめる様になるまで、何して遊ぼう。


先週は小学校の学芸会。「ひね塾」のメンバーが出てたりすると、どの学年のもおもしろくて、今後全学年の出し物を観る事になるのが定番化するのかなと。

そうそう、「ひね塾」と言えば、こちらに日々の事が書いてます。ここで知らせて無かったかもしれないし、随分前に既に知らせてたかもしれない。JUGEMテーマ:日記・一般
久々の更新
 おおっと、しばらく更新してなかったら、スポンサーに表紙を乗っ取られてるし、それなんとかしにゃと思っても、なんかログインが上手くいかんし。久々にログインするからID名間違えてたってだけだったんだけど、スッタモンダでイライラしたなーもー。このブログを初めてからこんなに間をあける事は無かったんだなと知りました。せっかくだから、やっぱりもうちっとブログも続けたいと思ってます。長らくご無沙汰でしたが、いきなりながら今後共宜しくでございます。

とりあえず夏をふりかえると、



毎年恒例の積丹の海にも行った。とっても道は悪いんだけど、崖の様な道を下るとそこはプライベートビーチ状態。しかも広がるのは積丹ブルー。毎年、子達の歩く姿が逞しくなった事に気が付く行事かも。その内リアカーで引っ張ってくれんかな。




川も行った。


ひまわり畑で乙女ショット。

簡単に言えばそんな夏だった。素敵な夜のバーベキューの事とか、オモロいお友達の集まりの事とか、お別れ会一つと、産まれたてベイベーとの対面とか、そんな事も詰まってたけど、振って覗くと次から次へと姿を変える万華鏡みたいに、夏の思い出は切りがないので、この辺で。

今、本来なら北海道の夏は終わってる筈なんだけど、北海道に来て3年、初めて味わうきっつい残暑。暑さで頭も心も体もなんもトロけ出ちゃいそうです。

でも、今年の夏程、自分の課題、立ち位置、環境を、考えた夏は無いんじゃないかな?寝ても醒めてもそればったりだった様な気がする。もちろんそんな気が今するだけで、実際には弁当のメニューの事を考えながら起きたり、一心不乱にお風呂のタイル掃除したり、酒飲んで笑ってたり、子達怒ってつかれちゃったりなんかをしてた時も有った。それでも、寝ても覚めても同じ課題を考えてた様に思えるのは、いつも同じ所で打開出来ずに居るからかもしれない。視点を変えなきゃ。とは思いつつ。

さて、今日はこれまで。暫く休んじゃったけど、またブログ再開です。ヨロシク。JUGEMテーマ:日記・一般
週末の事
 

7月7日8日と余市北海ソーラン祭り。ソーラン節の発祥の地として、1番古いソーラン節を披露する場でもあり、親類サンタ君も加わってるソーラン太鼓の発表の場でもあり、余市の特産物の紹介の場でもあり、ニッカを会場にしている事もあって、スコットランド民族楽器、バグパイプの演奏も出てくる盛りだくさんな祭り。8日には花火もあがり、2年ぶりに漁港まで観に行った。やっぱり近くて音が響いていい。




実は、余市神社祭りの時の様に、流れのテキ屋が店を出してる訳じゃなくて、地元の人達が店を出してる北海ソーラン祭りは、全ての値段がとても妥当で、「あ、これこれこれ。これが祭りプライスやん」とすっきり爽快。神社祭りの時の様に、心にムッカムカ抱えながら子達にくじ引きを一回だけさせるのは、心と体によろしく無いね。

この次の日、花火の日、昼間子達と更に一時帰省してるベネゼーランハーフの3兄弟の内MとKの2人を教育福祉村に連れて行き、思いっきり遊んで交流。初対面とは思えない溶け込みっぷり。いい仲間が増えたね。そのまま我が家に連れ込んで、家が爆発しそうな騒音を出しながら遊んで、夕飯食べて、一緒に花火へ。



うっすら見えるシリパをバックに。JUGEMテーマ:日記・一般